上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    漣です。
    こちらでは結構お久しぶり・・・いや忙しかったんですよ、試験とかサークルとか・・・。
    小説を読むペースもみるみるダウン。うぐぅ。

    忘れないと誓ったぼくがいた忘れないと誓ったぼくがいた
    (2006/02/20)
    平山 瑞穂

    商品詳細を見る


    今日は平山瑞穂著「忘れないと誓ったぼくがいた」を。
    まずタイトルがたまりませんよね、切ないオーラ撒き散らしてますよ。
    加えてこのカバー写真・・・!これを眺めるたび、この主人公の想いが伝わってくるかのよう。
    文庫版は味気ない感じになっちゃってるので断然こちらをオススメ。
    そして内容もタイトルのインパクトに負けない、素晴らしいものでした。
    簡単に言うと現代ファンタジー恋愛小説です。

    <あらすじ>
    高校三年の秋、それまで生真面目な優等生だった葉山タカシは突如変貌する。
    親友はその変化に戸惑い、親からは精神性の病気を疑われるようにまでなる。
    落ちる成績、崩れる人間関係・・・それすらどうでも良くなるほど彼は夢中になった。
    織部あずさに。
    偶然出会った彼女に。
    世界から消えていく、彼女に。

    全てを投げ捨てて突っ走る怒涛のセンチメンタル恋愛小説!
    繊細な雰囲気で描かれた物語なのですが、必死にもがく少年の、あるいは少女の
    とにかく色んな感情がぎっしり詰まった青春長編。
    タカシが出会ったあずさは、突然世界から消えてしまう女の子。
    そこにはどんな種も仕掛けも理由も無く、ただ「そうなる」現実しかない。
    いろんなことに理由・答えを求めてしまう人は、消化不良に陥るので注意。
    全く現実的ではない物語です。
    けれどただ受け止めるしかない現実と、それに抗い努力する少年の姿は
    きっと色んな人の心に強い印象を残すのでは。
    夢中になればなるほど切迫する現実。落ち続ける成績。
    本当の記憶か、そう思い込み強固になった、単なるイメージか。
    信じられるものが少しずつ薄れ、消えていく恐怖・・・。
    それでもひたすら彼女を想い続ける少年!
    こういうのに弱いのは俺自身よく分かってますけど、今回もヤラれた感じですね・・・。
    あとあずさちゃんが結構ガチでかわいいのでソコも高ポイント(ぉ

    さくっと読める作品だと思いますので、お手軽に読んでみて下さい。
    読んでいくにつれて、全然お手軽なんかじゃないことに気付くかも。
    青春小説が大好きな自分は完全にハマりましたし
    作品が単純な恋愛モノにとどまらなかった点も良かったと思います。
    ラストはもう体が震えるほど感動しちゃいましたよ俺。
    卑怯だと思いましたよアレは・・・けれどやっぱり弱いんだ、こういうのに・・・!!


    あの一瞬のような日々を、
    ずっと大切にしたい恋を、
    ぬくもりを、風を、匂いを、命を、
    彼女と過ごした時間を、
    忘れないと誓ったぼくがいた。
    そして今―――――


    情熱的なのにどこか涼しげな、ノスタルジーいっぱいの青春小説です。
    読むなら全力でネタバレを回避することをオススメしますよ!
    Secret

    TrackBackURL
    →http://shiori0515.blog57.fc2.com/tb.php/38-00950154
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。