上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    お久しぶりです。火澄です。

    本の紹介の前に挨拶を。

    今回の、東北関東大震災、皆様の地域はいかがでしょうか?

    たくさんの犠牲者、被災者が出ました。

    今日(03/19)の19時頃にも茨城県を震源とした最大震度5強の地震がおきました。

    最初の地震より一週間たった今でも、大きな揺れや余震が来ています。

    皆様のご無事をお祈り申し上げます。




    さて、今回紹介する本はこちら。
    1.jpg
    そして五人がいなくなる/はやみねかおる

    僕が小学校の頃に、初めて小説というものに触れた作品です。

    一度、手放してしまったのですが、買い戻しました。
    前に持っていたのは青い鳥文庫の方でしたが。


    そして5人がいなくなる。
    次々と誘拐される4人の子供達。
    それも、誰かが見張っているその前で。
    そして、5人目はいったい誰なのか?
    名探偵、夢水清志郎はこの事件を解決できるのか??


    もともと、児童向けの文庫なんですらすら読めます。

    本が苦手という人にはまず最初に手にとって欲しいシリーズですね。


    夢水探偵の非常識+挑戦的な態度がハラハラさせてくれますよぉ~^^

    是非!
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。