上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2010.06.30 4period/.17
    漣です。
    さいきんは漫画ばっかりになってきてしまいました。6月読んだ小説は4冊です…。
    もうちょい頑張りたいとこです…。

    212001029375.jpg

    今回は.17による自費出版小説「4period」について。
    自分もめったに同人小説は読まないのですが、これはなかなかいい本でしたので。
    2人の書き手さんによる、全4編のオリジナル短編集です。
    「4period」と題するとおり、一つずつ「終わり」を描いていく構成。
    また、それぞれのエピソードが少しずつ別の話で触れられていくので
    読み進めるたびにニヤリとできるようになってますw

    kobaxさんが手がけたのは「マーメイド、山へ」「ローランダ、空へ」「ガーゴイル、夜へ」。
    3篇合わせて120Pほどですが、どれも非常に切ない、より本のテーマらしい作品ばかり。
    特に「マーメイド、山へ」のラストシーンは素晴らしい。
    恋愛ではない、けれど確かな絆で繋がっていたはずなのに、どうして最後ですれ違うのか!
    作品のコンセプトは Period=終わり を描くことだと思うのですが
    自分はこの先もあることを、願わずにはいられません。
    ただ、2人でいることが本当に正しいのか、それを断言することも、できないよなぁ。
    あと「ガーゴイル、夜へ」は落とし所が上手い!
    もちろん切ない終わり方なんですけれど、二人は永遠を手に入れた。
    哀しい現実であることに間違いはない、けれど決して交わえぬ2人が掴んだものにしては、なかなか、出来たもんじゃないかとも思うのです。
     
    広瀬凌さんが手がけたのは中編「スーベニア、夜へ」。
    吸血鬼になったものの吸血鬼らしいことはなにもできない青年のお話。
    kobaxさんの文はポップで詩的でありましたが、広瀬さんはそれと比べると骨格のがっしりした文章を描く人のようです。
    じっくりと読ませる作りの作品で、わりと進行もゆっくり。
    けれど文章自体は非常にリズミカルなので、読むことそれ自体がなんだか面白い。
    もちろんストーリーも後半には大きく動き、なかなか熱い展開に入ります。
    パトリシアを巡るあれこれは、最後はなるほど、と納得。
    面白いのが、period、と銘打たれた本なのに、この作品は終わらない。
    メインキャラ2人ともが、ほとんど永遠の命を得ているのです。
    けれど同時に消えていく存在もあるわけで……如何様にも考えられそう。
    スーベニアというネーミングも、なんとなく深みを感じられて良かったです。
    消えゆく吸血鬼。けれど2人のおとぎ話は、きっと終わりない旅のまま。


    同人小説ですが、なかなかレベルの高い本だったと思います。
    ただ購入するチャンスが少ない本でもありますので
    偶然見つけることができたら、購入してもよろしいかと。
    なんにせよ、切ないお話が好きなら十分にハマる出来かと思います。


    スーベニアといい、ローランダといい、ああマーメイドもそうか。
    たぶん意図したことでしょうね。スピッツファンとしてニヤリとしましたw
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。