上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    こんばんわ。火澄です!

    PCを開き、インターネットにつないで、いつものようにYahoo!のニューストピックスをみて愕然・・・。

    角川ビーンズ文庫刊行の作家・葵ゆう氏のライトノベル『ユヴェール学園諜報科』に他作品からの流用が発覚し、葵氏がこの事実を認め作品が出荷停止、絶版、回収となることが5日、わかった。角川書店が同日付の公式ホームページで発表したもので、「他作品からの表現の一部流用が複数箇所認められました」と流用を認め、「本作をご愛読いただいた読者の皆様、書店及び販売会社の皆様、他関係者の皆様に多大なご迷惑とご不快な思いをお掛けしました。大変申し訳ございません」と謝罪している。今年6月には、同じ角川グループホールディングス傘下のアスキー・メディアワークス電撃文庫刊行の『俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長』も他作品からの流用で回収となっており、角川グループ内で1ヵ月以内に2度目となる盗作によるライトトベル回収騒ぎとなった。

     『ユヴェール学園諜報科』は、天涯孤独の少年・アルベルトが公爵家の次期当主であるヴァルターと出会ったことから始まる男だらけの学園スパイ物語。2009年10月1日に1作目『ユヴェール学園諜報科 一限目は主従契約』が刊行されて話題を呼び、今年3月1日に第2作『ユヴェール学園諜報科 生徒会長と二限目を』が発売。8月1日に最終巻が刊行予定だったが流用の事実により、刊行は中止となる。今回の事態に角川ビーンズ文庫編集部は、「編集部としても強く責任を感じており、今後は新人作家のモラル向上、作家育成も含め、再発防止に努めて参る所存です」と再発防止に努めるとしている。

     また作者である葵氏は、「今まで『葵 ゆう』を応援してくださった読者の皆様、イラストをご提供いただいた樹要先生、この度は大変申し訳ございませんでした。作家として最もやってはいけない行為に、及んでしまった自分の短慮を、今では深く反省しております」と流用を認めて謝罪。「今後の作家活動につきましては白紙とし、改めて皆様に心よりお詫び申し上げます」と断筆の可能性もあることを示唆している。

     6月には、同じ角川グループホールディングス傘下のアスキー・メディアワークス・電撃文庫刊行の『俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長』(2010年5月10日発売/哀川譲 著)が同じ角川グループ内のエンターブレイン・ファミ通文庫『バカとテストと召喚獣』(井上堅二 著)などと類似する箇所が見受けられ、出荷停止、絶版、回収となっている。


    角川ラノベ、またも盗作発覚で発売中止&回収 作家は断筆を示唆



    ・・・・・。

    多分、前回の一件で見直しを行ったのでしょうか?

    ユヴェール学園諜報科は俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長よりもさきに刊行されたので再発というわけではないんですが、「盗作だらけの世界」と見られてしまうかもしれません。

    なんでしょう?

    悲しいですね。

    もうそれだけです。

    言いたいことは前回と一緒ですから。

    呆れているわけではありません。

    本が好きだから。

    でもだから許せないところもあります。

    この一件の重要性を伝えるのもこのブログの役目でもあると思っています。

    読んでくれた方が「大変なこと」とだけでも感じてくれるだけでうれしいです。

    とにかく、今は何も言えません。すいません・・・。
    スポンサーサイト
    2010.06.09 盗作疑惑
    こんばんわ。火澄です

    非常に残念なニュースがあります。

    アスキー・メディアワークスは8日、哀川譲さんのライトノベル「俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長」(電撃文庫)を絶版、回収すると発表した。井上堅二さんのライトノベル「バカとテストと召喚獣」(ファミ通文庫)と類似する表現があるとの指摘で調査した結果、複数の類似点を確認、哀川さんも同作品を参考にしたことを認めたという。

     「俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長」は、哀川さんのデビュー作で、人間だけでなく吸血鬼もいる学園を舞台に、「勇者生徒会」に所属する美少女生徒会長と、「魔王生徒会」のトップに立つ平凡な少年会長の2人が争うというラブコメディー。5月10日の発売直後から書店では売り切れ、5月17日付のオリコン本(文庫)ランキングで10位に入るなど、デビュー作としては異例の売れ行きで、アスキー・メディアワークスによると、累計発行部数は4万5000部を売り上げていた。

     同社では、10日発売の雑誌「電撃文庫MAGAZINE」への短編小説の掲載を取りやめた。電撃文庫のホームページで、哀川さんは「プロ作家としての意識の低さ、認識の甘さを深く反省しております」とするおわびを掲載している。


    昨日、Yahoo!Japanのトピックスに掲載されたものです。

    その前から2ちゃんねるで騒がれていたのは知っていましたが、とうとうアスキー側が回収に乗り出しました。

    本日、学校が引けてから事実確認してみたく、4件の本屋を回りましたが、どこも在庫はなし。
    3つ目の店舗で「回収はされたのか?」とたずねると「出版社側から通達が来て、通達を見ていないところだったら有るだろうけど、市内なら、ほぼ全部の店舗が回収済みだろう」(群馬県高崎市)とのこと。

    トピックスに出たのは昨日でしたが、店の方によると「回収通達が来たのは月曜日」とのこと。

    調べてみたら、オークションでは高値で取引されているようです。


    残念でなりません。
    電撃大賞の最終選考まで残り、これがデビュー作となったことで、電撃文庫側にも冷たい視線が送られています。

    なぜこんなことが起こったのか?
    選考者は「バカとテストと召還獣」を知らなかったとしても、発行するに当たって検閲するはずです。

    なんのための検閲なのか?

    「文」の盗作なら何度か聞いたことがあります。しかし「本」の盗作は初めてでした。

    あるサイトでは、「バカとテストと召還獣」と「俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長」の比較画像があります。
    (ここに乗せるのはちょっとまずいので、みたいかたは「俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長」と検索をかけてみることをおすすめします)

    見事に同じ。
    逆にばれないと思ったのが不思議です。
    皮肉な話、実際に、選考ではばれなかったのですが。

    ただ、たった1ヶ月で4万5千部も刊行されたのだから、人気は確かのものだったのです。

    なぜこんなことになってしまったのが・・・。

    本当に残念です。

    本が好きなものにとって、あまりいい話題とはいえません。

    2度とない様にしてもらいたいです。

    正直、電撃文庫は、とても好きなレーベルです。だから悪く言われるのはあまりにも悲しいのです。
    アスキーのメディアワークス文庫は毎月の刊行日が楽しみでたまりません。


    だから、本当に再発がないことを祈るばかりです。

    この記事を書くのに、みんなで話したのですが。
    ちょっとでも読者としての気持ちを伝えることができたなら・・・って思います。
    こんばんわ~火澄です。バイト先の方に誘われて飲み会行って来ました~(未成年なんで食う専門ですが・・・)

    中間試験が終わりました~えぇ、いろんな意味で終わりました~


    現代文は・・・少し自信があります!でも「山月記」ってのが微妙でした。

    本を読むようになってから国語は得意になったような気がします。



    読むペースが遅く、「鴨川ホルモー」がとても時間かかってます・・・。

    もう少しなんですけどね~

    展開の変わり目に来たんで一気にいけると思います!近日中に感想書けたらいいな~なんて思っています!

    おやすみなさ~いZzz
    2010.05.23 書道の授業

    こんばんわ~火澄です^^

    今日は日曜日なのに学校で授業がありました

    PTA総会だそうで授業参観もあり、雨なので憂鬱な気分でした

    授業参観は4時間目だったのですが、1,2時間目が書道の授業だったので~

    余った墨と半紙の間に入ってる付箋紙で~!


    こんなの書いてみました^^

    本


    字が汚いのは許してください・・・。
    2010.05.17 ホルモー!!


    こんばんわ!火澄です!

    今日は学校終わってからバイトでした~

    一緒に入ってた人に「本が好き」って話をしたら
    「鴨川ホルモー」貸してもらいました!

    でもこれ股貸し(笑)姪っ子さんのらしいです^^;

    まぁ姪っ子さんもバイト先の先輩なんで知ってるんですが・・・。

    映画にもなってて読んでみたいとは思ってたんで助かりました^^


    面白かったら買います!

    つか人から本借りるのって始めてかも・・・。
    本は大切に扱ってるけど何があるか分からないからあんまり借りないんですよ

    「ぼろぼろでごめんね」って言ってたけど、それも本のいいところだと思うんです。

    自分で読むにしても、何回も繰り返し読んでるとぼろぼろになってしまうし、それで「結構読んだな~」って感じることもできるし・・・。

    電子図書っていうのが流行ってる(?流行に疎いんで・・・。)らしいですが、それでは味わえないところだと思います。

    電子図書には電子図書なりの良さがあると思いますが^^使ったことないんで分かりません・・・。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。