上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    漣です。例によって自分のブログからの再掲。
    さくら荘のペットな彼女 5.5 (電撃文庫 か 14-14)さくら荘のペットな彼女 5.5 (電撃文庫 か 14-14)
    (2011/09/10)
    鴨志田 一

    商品詳細を見る


       泣いて、笑って、騒いで、遊んで・・・・・・。

    5,5巻、ちょっと時期を逃してましたけど感想書こうかなと。9月に出ました。というかもう6巻出ちゃってますし・・・。
    5巻は衝撃的なラストで、はやく続くを読ませてくれー!というところですが、今回は番外編・短篇集となっています。電撃文庫MAGAZINEで掲載されたのが中心。加筆修正や描きおろしあり。
    ではさくっと感想書いていきたいと思います。

    ●神田空太の普通な1日。
    日常茶飯事のようにましろが起こるトラブルに巻き込まれる空太。非常事態が日常です。
    ぱんつすら自分で履けないましろですが、なんとぱんつを履かないまま学校に来てしまいました。無注意無警戒なましろなので、いつ誰に大切な部分を見られるともわかりません。
    なんとかましろのスカートの中を死守ししょうと頑張る空太でした。
    この作品としてはかなり基本的なドタバタ劇という内容でしたが、テンポよく進んでくれて読みやすいですねえ。短篇集のしょっぱなとしてテンションも高くスピード感あり。

    ●三鷹仁の大人への階段
    仁とその恋人との甘くエロティックな様子が垣間見える短編。
    これまでほとんど見えて来なかった部分なので、こういう視点の話が読めるのもこの短篇集の面白い点でしょうか。あとがきを読むと、このVer.は直接表現Verなんだとか。
    大人になりたいのに、なろうとしているのに、ままならない不甲斐なさ。結局まだ「子供」であることを盾に、守ってもらうことしかできない。「子供」の特権を利用するしか。
    けれど、この悔しさをかみしめてこそ、彼は前を向いて歩いて行くことができるんでしょう。
    留美さん出来過ぎなくらいいい女ですね。なんてカッコいいんだ。幸せになってくれ。

    ●青山七海の乙女なクリスマス
    恋報われないオーラがマッハな七海さんのお話。切ないけど、恋のために四苦八苦したりがんばったりする女の子のお話は大好物。
    「今日はさっきまで最悪な気分だったのに、たったの一言で最高の一日に変わってしまうのだから」というクライマックスの言葉が全てと言うか。恋は女の子を輝かせますね。

    ●もうひとつのクリスマス
    クリスマスの夜。仁と美咲はどんな夜を過ごしたのか。多くの読者が気になっていたところがついに読めたエピソード。5巻を読んだ今では、これすらニヤニヤ読めてしまうのですが!
    また仁たちだけでなく、ほかのさくら荘メンバーがどんなクリスマスを過ごしていたのか。場面はクルクルと変わり、いろんなシーンが描き出されていきます。
    リタちゃんとメイドちゃんのやりとりが個人的にお気に入り。あと先生コンビw

    ●住めば都のさくら荘?
    空太がはじめてさくら荘に来た日の話。美咲や仁との出会いが描かれます。
    初々しさが感じられる空太の様子にはニヤニヤしてしまいますね。
    個人的には生まれたてのメイドちゃんと空太のファーストコンタクトに笑ったw メイドちゃんそんなところまで再現してたのかよw
    そんな笑いもありつつ、全体的に時の流れを意識させられる、ちょっとノスタルジックなエピソードだったと思います。本編ではまさに今、3年生の卒業が間近に迫ってるタイミングですからね。
    なんでもないような日々の1ページにすらこんな甘酸っぱい気持にさせられる。青春とはいいものですな。さくら荘の連中はちゃんとみんなで集合写真とろう。



    という具合の短篇集第5,5巻。ここまで読み進めてきた読者にとっては、「見れて嬉しい」シーンの連続じゃないかなと思います。見たかった部分をすくいあげていく、いい一冊。
    本編はいよいよクライマックスに突入中ですが、さてさてどうなるやら。
    漫画版の1巻も発売されてますし、今度どんな動きがおこるのかも気になるところ。
    青春ムード満点でたまらないシリーズです。ましろちゃんかわいいし!
    スポンサーサイト
    どうも、漣です。そろそろ試験期間でげっそりしてます。
    今日は鴨志田一先生の「さくら荘のペットな彼女」の4巻と5巻を同時に。

    さくら荘のペットな彼女(4) (電撃文庫)さくら荘のペットな彼女(4) (電撃文庫)
    (2010/12/10)
    鴨志田 一

    商品詳細を見る

    さくら荘のペットな彼女〈5〉 (電撃文庫)さくら荘のペットな彼女〈5〉 (電撃文庫)
    (2011/05/10)
    鴨志田 一

    商品詳細を見る


    結構長くなってしまったので収納。続きを読むからどうぞ・・・。
    ... 続きを読む
    漣です。やっぱり予想通りラノベが多くなってきましたね俺。
    そしてまたしても2巻からで申し訳ないです…。
    さくら荘のペットな彼女〈2〉 (電撃文庫)さくら荘のペットな彼女〈2〉 (電撃文庫)
    (2010/04/10)
    鴨志田 一

    商品詳細を見る



    ペットな彼女
    …なんて危ないワードで思春期の少年たちの純情ハーツを甘く掻き混ぜる本作。
    美少女と共同生活。しかもその娘は自分じゃパンツを履けないほど自堕落な女の子。
    必然的に美少女から必要とされる実にオイシイ設定、さらにお色気もありという
    独占欲もばっちり満たされて男性読者大満足なシリーズ第2巻です。

    と、そんな酷いまえがきをしたところで本題へ。
    もちろんそういう要素もモリモリ含まれているのが本作でありますが
    一筋縄でいかない、青春の苦さも味わえるのがこの作品の強み。
    今回のキーワードは、凡人敗北…といったところでしょうか。


    この作品は、小さな世界しか描かなかった。
    それはさくら荘でのバカみたいな日々。
    知ってる人間ばかりの、やさしい世界。
    けれどこの2巻で初めて、外部が描かれる。これは非常に大きいと思います。
    終盤に主人公・空太がビジネスの世界に踏み出すのです。
    これまでのにぎやかで暖かな世界とは違ったそこで、彼は負けてしまう。
    それまで自分を突き動かしていた自信。
    それはただのうぬぼれだった。
    現実と出会って、うぬぼれだったと分かってしまった。

    こんなみっともない涙は流したくない。

    そうこぼす空太の姿は、多くの人にも当てはまるのかもしれません。

    そして声優志望である七海も、この巻で敗北を経験します。。
    本気を出すというのは、本当に怖い。
    一生懸命が、本気の努力が、まとめて一蹴されてしまうのです。
    それでダメだったら、周りにも自分にも、言い訳できなくなってしまう。
    だから適当に流して受け止めて、ゆるく生きていくのもいいかも知れない。
    痛みを知らない、平和な人生です。
    けれどきっとこの世界は、それでもがむしゃらに挑戦する人間を
    救ってくれるチャンスをきっと作ってくれているとも思うし、願います。
    それなきゃ男じゃないさ。
    必死こいて頑張るのがカッコいいんだ。

    ちょっとずつましろんも成長して、まともに生活できるようになりつつもあるのも注目。
    個人的にはいつまでもなんにもできないままでいて欲しい(酷い)わけですが
    彼女もまた、一人の主人公として成長を続けているということでしょう。
    漫画の連載も決まりました。彼女にとっての本当の試験は、これから。
    そしてましろんは圧倒的天才として描かれているわけですが
    こういう存在がいるからこそ、空太も燃えるのでしょう。
    才能があり努力も惜しまない…そんな相手に凡人が立ち向かうには
    それ以上の努力が必要不可欠なのですから。


    と、なかなか青臭いことを書いてみたわけですが
    こういう現実的に甘酸っぱい青春物語って、なかなか貴重だなぁと。
    もちろんラブコメ成分も多分に含まれていますので、お勧めw
    甘く切ない…ではなく苦々しい青春喜劇でございます。
    イケメンもいるから女性読者も嬉しいですね!!(笑顔

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。