上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    お久しぶりです漣です。こちらでの更新はだいぶサボってました…。

    俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる (GA文庫)俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる (GA文庫)
    (2011/02/15)
    裕時 悠示

    商品詳細を見る

        これがあたしの真の力よぎゅいんぎゅいんぎゅいん

    ライトノベル「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」 発売日前に完売相次ぐ
    『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』重版決定
    …と、GA文庫ではちょっと珍しく?(失礼)1巻目から話題沸騰な新シリーズ
    裕時悠示先生の「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」を読んだので感想を。
    なんかよく話に上がるに試しに読んでいるか~とネット人気にホイホイ釣られた形になってしまいましたが、これがなかなか楽しめる内容で売れているのも納得です。

    20Pほどの短編をいくつか重ねてゆき、物語を進行させていく形式をとっており
    おかげでコメディとして非常にテンポよく読めるのはこの作品の強みの1つ。
    加えてメインヒロイン2人のキャラバランスも王道ながら実にいい。
    突然主人公に告白してきた帰国子女・夏川真鈴。顔◎スタイル◎性格△なJOJO好きお嬢様。
    暴れん坊な暴食幼なじみ・春先千和。頭もちょっぴり残念なやきもち焼き。
    無理やりお嬢様の彼氏に仕立て上げられた主人公と、その由を知らされず混乱・嫉妬する千和ちゃんという構図。幼なじみにやきもちを焼かれるというのはなかなかロマンが詰まっておりますな!
    ナイスバディで、その上突然主人公の彼女になってしまった真鈴に最初は敵意むき出しだった彼女ですが、真鈴にうまく言いくるめられ、メチャモテ☆を目指す謎の部活に入れられてしまいます。
    彼女持ちになった主人公への対抗心として、自分もイケメン彼氏を作ると言い出しますが、モテる女の子らしさ皆無な千和にすんなり彼氏ができるわけもなく…。
    天真爛漫で天然におばかな千和と、真面目なように見えて茶目っ毛たっぷりな真鈴、そして彼女たちに振り回される主人公を描いた、微・三角関係修羅場ラブコメディとなっています。

    主人公が医者を目指している理由や、終盤の展開はなかなか感動的ですが
    基本は肩の力を抜いて楽しめる能天気なハイテンションコメディ。
    JOJOやドラゴンボールを始めパロディネタや主人公の黒歴史ノートなど、読んでてアイターな気分にさせてくれる笑いもたくさん届けてくれましたw黒歴史ノートは特にひどいw
    ただ、これは次回予告で作者自身いじっていましたが、1巻の時点ではそれほど「修羅場」になっていないというところは若干残念。というのも、千和がまだ主人公への恋心を恥ずかしがってあらわにしていないことと、真鈴がまだ恋愛に本気になっていないということで、よくある「主人公の手を引き合う女の子2人」の構図にはなっていないのです。
    2人ともが恋心が高まりオープンになってからこそが「修羅場」の醍醐味。
    ヒロイン2人ともの心境に変化をもたらした終盤の展開を経て、エピローグではやっとベタな修羅場シーンに突入しました。2巻ではさらに熱のこもった修羅場が見れるようになるでしょうか。期待!

    さらりとまとめ。
    1巻の時点では「修羅場」とまではなっていませんが、今後それが盛り上がることは必至。
    ラブコメとして盛り上がってくるのは2巻以降かな。1巻の時点でもやきもちを焼く幼なじみヒロインや、主人公を挑発するお嬢様となかなかツボは抑えてありますが。
    コメディとしては問題なく、非常に楽しめる内容となっているのではないでしょうか。
    ヒロイン2人とも違った魅力があり、それぞれとてもかわいらしいです、
    イラストも作風にあっていて○。るろおさんの絵は好きですなぁ。
    JOJOしいお嬢様の過去も気になるところですし、2巻も継続したいと思います。

    期待の新シリーズ「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」でした。
     


    だいぶこちらをお休みしてしまって申し訳なかったです。
    小説もちまちまとですが読み進めています。まぁ半分以上ラノベなんですけども…。
    今後はもうちょっとこちらの更新も増やしていければなと。
    漫画がメインですが「正直どうでもいい」ってブログやってます。よろしければそちらも。
    スポンサーサイト

    まなみです。
    お久しぶりですww
    漢検受けたり、ちょっと勉強したりしてました。
    大学の学科に配る新聞の読書案内を書くために、吉本ばななさんの『キッチン』を読みました。二回目ですけどね(^^)
    やっぱりなんかいいなぁ~ってことで、新聞に載せる予定の文章をここに載せます♪


    『キッチン』吉本ばなな
    http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html/ref=me_amb_97167169_1/376-5772839-2093150?a=410135913X&aid=aw_srgw&apid=97167169&arc=1201&arid=1GDE2D53QAF5GCQXD5G6&asn=center-7


     私がこの世でいちばん好きな場所は台所だと思う。この一文から物語は始まる。吉本ばななのデビュー作、『キッチン』である。
     主人公のみかげは唯一の肉親であった祖母を亡くし、住んでいた家も空け渡さなくてはならず、途方に暮れていた。そこへ祖母の知人である雄一が現れ、みかげを家に誘う。雄一の父であり母であるえり子さん、優しい青年の雄一、そしてみかげ。この三人での生活が始まる。
     劇的なことは起きない。みかげは天涯孤独な身の上で、えり子さんが今まで歩んできた道がどんなに普通でなくとも、だ。ゆったりした速度で物語は進む。しかし、この物語に登場する人たちは、日常を一生懸命に生きている。当たり前だが、この世界の誰もが経験していることだ。
     この作品の魅力は独特な語り口にもある。派手な言葉ではない、日常で使う言葉が並べられている。それなのに、なぜだか言葉が光るのだ。物語を語る上でいろいろな媒体があるが、文字の羅列である本だからこそ、味わえる感覚である。
     特別なことはなにもない。だけど、唯一無二の物語。この『キッチン』の登場人物に、自分と同じなにかを感じるはず。ぜひ、ご一読を!

    こんちには!火澄です!秋らしさを感じることも無く寒くなったような気がするのは俺だけでしょうか?

    本の紹介をする前に私事なんですが、現在高校3年なんですが、なんとか就職が決まりました!
    皆様のおかげであります。ありがとうございます!


    そんな今日はまたもや山田悠介さんの本

    oyayubi.jpg

    親指さがし/山田悠介

    「親指さがしって知ってる?」由美が聞きつけてきた噂話をもとに、武たち5人の小学生が遊び半分で始めた、死のゲーム。しかし終了後、そこに由美の姿はなかった。あれから7年。過去を清算するため、そして、事件の真相を求めて、4人は再び「親指さがし」を行うが…。女性のバラバラ殺人事件に端を発した呪いと恐怖のノンストップ・ホラー。

    ホラーというよりはミステリー。でも怖かったです。

    自分の考えていたラストを裏切ってくれるので読んでいて楽しいです(笑)

    箕輪スズはいったいなにを訴えたいのか。ただそっとしておいてくれという暗示なのか?

    有名なのはこっくりさんとかありますが、やっぱり軽はずみな気持ちでやってはいけないんだなって感じました。

    そしてもう沢はスズに狙われることはないのか?

    暑い時期に読めばよかったな(笑)
    連投すいません。火澄です!

    あll




    一流アパレル企業に就職したもののやりがいを見い出せず一年もたたずに辞めてしまった健太郎。
    アルバイトで食いつないでいたけが、ニートの一歩手前、もう手持ちの金は五千円も無い。
    そんな時ふと目にした、何でも屋のアルバイト募集のチラシ。
    軽い気持ちで電話した健太郎はそこで働くことに
    元ボクサーの長崎
    寡黙な大男の大熊
    飄々とした所長の花田
    いずれも妙な存在感を示す何でも屋の面々。
    そしてときどき舞い込む奇妙な依頼。
    私のゴミ屋敷を片付けてとメールでやって来た依頼、報酬は500万円!?
    いかにも怪しげな届け物
    密かに想いを寄せる二人を会わせて欲しい、
    などなど、今日も依頼の電話が鳴る!

    コレの分類はどうなってるのかな?って考えてしまいました

    人間の交流。

    主人公のカップルを見て
    こいつらは何と付き合ってるのかな?
    って考えてしまいました・・・。

    職業?学歴?年収?

    すごい読みやすい作品でした

    俺の感じ方かもしれませんが、暖かい作品のような気がします。

    オールミッション2って言うのも出てるので読んでみたい!


    読みためてるのがもうちょいあります

    夏の100選系のフェアのときに買い捲って読んでないのもあるのでがんがん手をつけて行きたいです!

    どうも!火澄です!

    すぴn


    山田さんは本を読むのが嫌いだって聞いたことがあるので読むのを控えていた面もありましたが。
    彼の作品は非常に読みやすかったです!

    名前も顔も、住んでいる場所も知らない。彼らはインターネットの掲示板で知り合った赤の他人。分かっているのは、
    お互いのハンドルネームと置かれている状況のみ。その状況も、いじめられている…家族に無視されている…薬に手を染めている…などと様々。しかし、彼らには見えない何かで繋がった…
    不思議な「友情」があった。そして友人たちの目標「世間への復讐」を果たすため、各々がバスを奪い、東京タワーを目指す。

    この作品をよんで少し「西鉄バスジャック事件」を思い出しました。
    新藤 直巳
    不覚にも俺の住んでいる県からバスに乗ってやがります。
    そんでもってこいつはうちの近所を通っています。


    彼らには本当に救いはなかったのでしょうか?
    人間、どんなに苦しいことがあってもここまでになるには相当なものがあると思います。
    しかし作中で奥野修一が言っているように「それだけか?」って感じもします。

    要するにメンタルの弱さ。今の人間を象徴してると思います。

    すぐに命を絶つ人が多い。

    犯罪に手を染めるって言うのは、自身が人であることを辞める行為です。

    死、同様だと思っています。

    そんな象徴だと俺は感じました。

    そしてあっけなく、そして儚い・・・・

    ただ、本当に読みやすい。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。