上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
    (2009/01/07)
    御影 瑛路

    商品詳細を見る


    <あらすじ>

    3月2日、中途半端な時期にやってきた転校生「音無彩矢」からの、突然の宣戦布告。
    僕はその行動の意味も、この世界の秘密も、“箱”の存在も知らなかった。
    けれど気づくことになる。
    この『教室』は、『所有者』の願いによって、同じ日を何千何万と繰り返していることに――

    というほんのり香ばしい設定な本作ですが、かなり面白かったです。
    二転三転どころか5転くらいする後半の怒涛の展開!
    何度も何度も、推理の根本からひっくり返されるのはもはや快感の域。
    正直序盤は停滞感MAXで理解不能の状況が展開されて、これは失敗したかなーと思ったら
    中盤からの、具合的には『27754回目』からのスピード感はたまらなかったw
    これは作者の狙いにハマった感じでしょうねぇ、やられた。

    この作品のキモは、間違いなく『閉塞感』。
    繰り返される、望むはずの日常。ただそれを享受さえしていればいい。
    けれどそれでも抗おうとした時、この作られた日常が不快感しかもたらさない。
    努力も情報も感情も、全て無かったことになる、圧倒的虚無感。
    先の見えない迷路をさまようような、どうしようもない不安を味わえます。
    「敵」がいないというのも面白いなぁと。
    実際いることはいるんですが、本当に打ち倒すべきは「状況」そのものという。
    解決方法が自分では思いつかなかったので
    主人公たちが答えを見つけてくれた瞬間は、とても気持ち良かったw

    非常に重たいシナリオと設定でしたが
    テキスト自体は非常に読みやすく軽めなテンポ。
    キャラクターたちのやり取りもコミカルなものが多くて楽しめました。
    そしてラストも、主題から離れ過ぎない・かつライトノベルらしい絶妙のラインで決着。
    これはいいシリーズだなぁ。
    現在4巻まで出ているので、ちょっとずつ読み進めていこうと思います。
    オススメの一冊です!
    スポンサーサイト

    こんばんは!火澄です!

    今回はライトノベルです!


    bokukoi.jpg
    ぼくこい/森橋 ビンゴ
    amazonはこちらから

    「半年以内に彼女ができなかったら、部屋を明け渡せ!」
    といわれ、オタク四人が彼女作りをする話なんですが。

    特に盛り上がるわけでもなく、単調に物語が進んでいた気がします。
    ただ俺はそういうのも結構好きなんだとな感じました。


    登場する女は「ああ~いるいるこういう女の子~」みたいな子が出てきたりします
    個人的には有馬の姉ちゃん(ヤンキー)が好みです(笑)

    ラストにどんでんがえし。続きはないと思いますが、気になりはします。

    彼女を求めるオタクたちも
    「ああ~やってそうだよこんなこと~」って感じでした。

    俺の学校は周りにオタクが多いもんで、探せばこの四人の実写版ができそうです(笑)


    意外とスラスラっと読めました。

    実はこれは今読み終わったというよりちょっと前に読み終わった作品なんです。

    さっきも書いたとおり、単調に物語が進んでいくんで、紹介をどうしようか迷ってました(汗)


    電車で東京に行くことがたまにあるんで、社内ではいつも本を読んでます。
    外で読む場合には、どんな本でもブックカバーをかけてます
    本を置いたりするときに汚れちゃうんで(笑)

    東京までの2時間で読めちゃいました~

    この本はちょっと息抜きにはいいかもしれません^^

    俺は好きですね、こういう物語は(笑)
    火澄です!

    遅くなりました・・・・。

    20100618095403.jpg
    潮騒/三島由紀夫


    とても時間がかかりました。
    三島由紀夫を読むのは初めてだったのですが・・・・。

    ちょっと難しかったです(汗)

    潮騒を読む前にレビューなんかを読んだりしたんですが、三島らしく、三島らしくない作品とか、三島が純愛を書いたとかそういうのが目に付きました。


    新治が台長の家から帰るときに、初江を待ち伏せるシーンの後の会話を読んだとき。
    ふと「半分の月がのぼる空」の裕一と里香が頭に浮かびました。
    不思議な感じでした

    漣さんもかかれてましたが、女体描写(笑)
    表現力がすごい
    いや、これでも男なもんで(汗)

    難しい、と書きましたが、読めないわけではありません。
    正直、うらやましいです。新治と初江・・・。
    うらやましいっていうのはどうかなと思うんですが、こんな恋愛してーよってことです。

    当時の日本と今の日本の恋愛感覚の差がはっきりでていると思います。
    当時は自由に恋愛、結婚できるわけではなかったといいますから・・・。

    秘密の手紙のドキドキ感は半端じゃなかったと思います。


    潮騒・・・。難しくも熱い。俺の中ではそんな作品になりました!

    やっぱ一番印象に残ったのは待ち伏せのシーンだな~(笑)うん、そうだね。
    2010.06.21 告白/湊かなえ
    火澄です!

    先にお詫びです。
    潮騒に関する記事、もうちょい待ってください!
    多分明日明後日にはかけると思うんで・・・。

    先にこっちをやっちゃいます!

    告白

    告白/湊かなえ

    この作品、原作を読む前に映画を見ました。

    先にじゃあ映画の感想から

    かなり迫力のある作品になっていました。
    そして後から読んで気づいたのは、原作に忠実。
    恐怖心を煽るカットが多く、とても怖かったです。

    小説の感想は

    なんていうのでしょうか?いままでに出会わなかった書き方でした。
    語り口調になっていて、非常に読みやすかったです。

    冒頭の森口の告白の場面では無駄が一切なく、一気に中核に迫っていく感じ。
    ここは圧巻でしたね。

    この作品は、「犯人は誰だ?」って話でなく、「犯人はこいつで懲らしめてやる」って話なので、犯人は冒頭の告白で分かります。

    冒頭だけでなく、全体的に無駄が少ないです。
    よく言えばがんがん読める、悪く言えば箸休めがない。

    主人公が空を見上げ、物思いにふける、そんなシーンが少ないので、「今日はここまで」っていうのがし辛いかもしれません。

    生徒たちは、現代の「ゆとり世代」っていうのを象徴しているのかもしれません。

    あまり「ゆとり世代」って言葉は好きじゃないんですが。自分もその世代なので。

    ただ実際がどうこうじゃなく、要するに大人の思う「今の子は怖い、何するかわかんない」とか「今の子はだめだ」とかそういった事を象徴しているのだと思います。

    大人に反発しているわけじゃありません。むしろ俺は大人といる時間は大好きです。
    ただ「ゆとりに対する偏見」とでも言うのでしょうか?とにかく「昔はこうだった」と自分世代の話を掛け合いに出されるのが嫌いなんです。
    「昔の教え」が大切であり、またそれを尊重する気持ちはあります、ただ同時に「現在の姿」というものをすべて全否定されている気がして悲しい気持ちにもなるし、言われ方によれば怒りさえこみ上げてくる場合もあります。



    ここで気づきました。完璧に話がそれてしまっていたことに・・・。

    戻します。

    もいひとついえるのは「分かってるつもりで分かっていない」ってことです。
    これは読んでもらえば分かるのですが、少年Bとその母親の関係について事です。
    ネタバレになってしまうので控えますが、親子の絆は愛や言葉だけじゃだめだ。ということを感じました。


    「分かってるつもりで分かっていない」っていうのはなんにでもいえることです。
    俺もいま友人関係でそれに直面してしまったので、ひしひしと感じています。



    「本読むのに自信がない」っていう方には読みやすいのでお勧めの一作です!
    ちょっと本屋さんで1ページ読んでみるのもいいのではないでしょうか?

    まなみです!


    http://www.amazon.co.jp/dp/4101050074/ref=mem_taf_books_s



    初☆課題書。わたしもわくわくしています。みんなはどんな感想を持つのかな?

    そしてその『潮騒』ですが、第一印象は「なに、このラノベ的展開っww」てな感じでした。妙に積極的だし、主人公に片思いする女の子まできたww
    そんなこんなで一気読みでした。文章に癖があんまりなくて、三島由紀夫ってビッグネームのわりには、読みやすい簡単な文章。

    かわいらしくて、綺麗なラブストーリーです。
    やっぱり、こういうのって特別なのかなぁ。どこにでもありそうな話だけど。

    いいなぁ、なんかうらやましいよねぇ~ww
    これに尽きる。
    それと主人公、新治さん、すごくかっこいいです…!

    作中で秘密の手紙交換をするんですが、そんなんロマンチックですよね~♪


    この作品、主人公でさえ、さん付けしてしまうような、完全な三人称。神の視点。三島由紀夫の他の作品がどうなっているか、見てみたいところ。ひとつ言えるのは、この作品が一人称で描かれていたら、三人称でも主人公以外の心中を描写していなかったら、この作品は全く違うものだろうな。うん、気になる。なんか発見したら報告しますね。


    そしてそして、気になるのは最後の一文。それってどういう意味なのっ!?ww


    本当にきれいなラブストーリーです。
    多分、唯一無二の、特別な。でも普通の。



    --------------------------------

    ネタバレします~
    てかくだらないこと言いますww



    「どうしたら、恥ずかしくなくなるのやろ」
     すると少女の返事は、実に無邪気な返事だったが、おどろくべきものであった。
    「汝も裸になれ、そしたら恥ずかしくなくなるだろ」
    (『潮騒』より)


    ちょwww
    そういう展開なのww ラノベみたいやんww



    こんな仕打にますます情欲をかき立てられて、安夫は、大きく波打っている胸をわが胸の下に感じながら、初江の頬に顔をおしつけた。
     そのとき彼は叫び声をあげてはね起きた。また蜂が彼の項を刺したのである。
    (『潮騒』より)


    蜂のタイミングのよさにとにかく感動ww



     少女の目には誇りがうかんだ。自分の写真が新治を守ったと考えたのである。しかしそのとき若者は眉を聳やかした。彼はあの冒険を切り抜けたのが自分の力であることを知っていた。
    (『潮騒』より)


    そしてこれが最後。これで終わるとか反則でしょw とりあえず素晴らしい以心伝心だよねww
    ところで、文章通りの意味かな? だけど深読みしちゃうな。
    わたし的には、たとえ恋愛をしても、心が通じ合っても、二人であることは変わらない。わたしとあなたは絶対違う人間である、みたいにわたしは読む。
    みなさんはどう考えますか?
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。