上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    お久しぶりです。火澄です
    私の最後の更新が3/19、震災の後、あれから半年たったんですね

    私事ですが、社会人1年生として活動中です!

    今回読んだ本はこれです


    kokonotu.jpg

    九つの、物語/橋本紡

    書籍も持っていて、文庫版も持っているのにもかかわらず、ずっと読めていなかった作品。
    読もうにも手が止まってしまって放置状態でした。


    しかし今回橋本紡先生が「葉桜」を出版され、その直後からすらすら読めるようになりました。
    スランプだったのかな?とも思ったんですが、そのほかの作品は読めていたのでそれはないようでした。
    また、「葉桜」が出る前の状態で橋本紡先生の作品で読んでいなかったのはこれが最後でした

    なのでこの作品を読んでしまうと次読む作品に困ってしまうのでは?という働きが動いたのかな?と思っています。


    さて、感想。
    とても読みやすく、文章にすっと感情移入できる作品でした。
    この作品に出てくる文学はどれも読んだことはないですし、これから先、読むこともないと思われます。
    読んだことのない自分がこの作品を綺麗な形で捉えられている今、
    読んでしまったあとの自分がどう感じてしまうのか?

    あまり、考えたくないです。
    もしかしたら真逆の考え方になってしまうかもしれません、もちろん変わらないかもしれません。

    逃げ、ですね。多分。


    そして、料理にチャレンジしてみたくなりました。
    ので、明日、藤村禎文式トマトスパゲティにチャレンジします。

    材料はもう買ってあります。


    たくさんスパイスを使いましょう。
    いろんなスパイスを使いましょう。
    いつも違う味にしましょう。
    スポンサーサイト


    お久しぶりです。火澄です。

    本の紹介の前に挨拶を。

    今回の、東北関東大震災、皆様の地域はいかがでしょうか?

    たくさんの犠牲者、被災者が出ました。

    今日(03/19)の19時頃にも茨城県を震源とした最大震度5強の地震がおきました。

    最初の地震より一週間たった今でも、大きな揺れや余震が来ています。

    皆様のご無事をお祈り申し上げます。




    さて、今回紹介する本はこちら。
    1.jpg
    そして五人がいなくなる/はやみねかおる

    僕が小学校の頃に、初めて小説というものに触れた作品です。

    一度、手放してしまったのですが、買い戻しました。
    前に持っていたのは青い鳥文庫の方でしたが。


    そして5人がいなくなる。
    次々と誘拐される4人の子供達。
    それも、誰かが見張っているその前で。
    そして、5人目はいったい誰なのか?
    名探偵、夢水清志郎はこの事件を解決できるのか??


    もともと、児童向けの文庫なんですらすら読めます。

    本が苦手という人にはまず最初に手にとって欲しいシリーズですね。


    夢水探偵の非常識+挑戦的な態度がハラハラさせてくれますよぉ~^^

    是非!

    まなみです。
    新刊を読んだので、まとめて感想など(^^)
    今アニメもやっていて、超話題ですね。


    俺の妹がこんなに可愛いわけがない1~7/伏見つかさ

    http://www.amazon.co.jp/dp/4048671804/ref=mem_taf_books_s



    アマゾンからコピーしたあらすじです↓


    俺の妹・高坂桐乃は、茶髪にピアスのいわゆるイマドキの女子中学生で、身内の俺が言うのもなんだが、かなりの美人ときたもんだ。けれど、コイツは兄の俺を平気で見下してくるし、俺もそんな態度が気にくわないので、ここ数年まともに口なんか交わしちゃいない。よく男友達からは羨ましがられるが、キレイな妹がいても、いいことなんて一つもないと声を大にして言いたいね(少なくとも俺にとっては)!だが俺はある日、妹の秘密に関わる超特大の地雷を踏んでしまう。まさかあの妹から“人生相談”をされる羽目になるとは―。

    -----------


    正直、期待しないで読みはじめました(笑)
    どうせ妹萌えものでしょ、と思いながら(笑)……って思うこと自体が、もう俺妹にはまっている気がするww だけど実際は妹の趣味に振り回される兄貴の話。

    一言で言うならば、オタク応援本ですね(^^)
    オタクじゃない人が読んだら、全くおもしろくないかもww

    オタクな君は読んでみるといいと思います♪
    とりあえず、名(迷)言が多過ぎなのでww

    登場人物もみんなかわいいですよ(^^)
    兄貴はかっこいいですよ(^^)

    とりあえず、いい意味で期待を裏切ってくれました。そしてはまってしまいました/(^O^)\

    読んだらきっとはまっちゃうはず。オススメです♪


    こんばんわ!火澄です!

    大好きな橋本紡先生が短編を掲載されたということで購入。

    連載誌を購入したのって初めてだったりします

    しn

    蝶(小説新潮)/橋本紡

    短編なのに深みがある。そんな感じです。

    今の橋本紡先生の心情がそのまま出ているような気がします。
    主人公の宮本は先生自身なのかもしれません。

    最近ブログにコーヒーテーブルを購入したって書いてありましたが、もしかしたらエスプレッソマシーンもあるんじゃないでしょうか?(笑)

    少し前にツイッターに「ご飯が食べられないから酒を飲む」ってつぶやかれていたので、「すきっ腹でお酒飲むと酔いが回るのが早くないですか?」って聞いたら「早いときもあるけど、それが目的でもある」とリツイートが来た事があります。

    そういうところも取り込まれた作品だと思います。

    しまった、小説すばるを買い忘れてしまった(汗)
    漣です。
    こちらでは結構お久しぶり・・・いや忙しかったんですよ、試験とかサークルとか・・・。
    小説を読むペースもみるみるダウン。うぐぅ。

    忘れないと誓ったぼくがいた忘れないと誓ったぼくがいた
    (2006/02/20)
    平山 瑞穂

    商品詳細を見る


    今日は平山瑞穂著「忘れないと誓ったぼくがいた」を。
    まずタイトルがたまりませんよね、切ないオーラ撒き散らしてますよ。
    加えてこのカバー写真・・・!これを眺めるたび、この主人公の想いが伝わってくるかのよう。
    文庫版は味気ない感じになっちゃってるので断然こちらをオススメ。
    そして内容もタイトルのインパクトに負けない、素晴らしいものでした。
    簡単に言うと現代ファンタジー恋愛小説です。

    <あらすじ>
    高校三年の秋、それまで生真面目な優等生だった葉山タカシは突如変貌する。
    親友はその変化に戸惑い、親からは精神性の病気を疑われるようにまでなる。
    落ちる成績、崩れる人間関係・・・それすらどうでも良くなるほど彼は夢中になった。
    織部あずさに。
    偶然出会った彼女に。
    世界から消えていく、彼女に。

    全てを投げ捨てて突っ走る怒涛のセンチメンタル恋愛小説!
    繊細な雰囲気で描かれた物語なのですが、必死にもがく少年の、あるいは少女の
    とにかく色んな感情がぎっしり詰まった青春長編。
    タカシが出会ったあずさは、突然世界から消えてしまう女の子。
    そこにはどんな種も仕掛けも理由も無く、ただ「そうなる」現実しかない。
    いろんなことに理由・答えを求めてしまう人は、消化不良に陥るので注意。
    全く現実的ではない物語です。
    けれどただ受け止めるしかない現実と、それに抗い努力する少年の姿は
    きっと色んな人の心に強い印象を残すのでは。
    夢中になればなるほど切迫する現実。落ち続ける成績。
    本当の記憶か、そう思い込み強固になった、単なるイメージか。
    信じられるものが少しずつ薄れ、消えていく恐怖・・・。
    それでもひたすら彼女を想い続ける少年!
    こういうのに弱いのは俺自身よく分かってますけど、今回もヤラれた感じですね・・・。
    あとあずさちゃんが結構ガチでかわいいのでソコも高ポイント(ぉ

    さくっと読める作品だと思いますので、お手軽に読んでみて下さい。
    読んでいくにつれて、全然お手軽なんかじゃないことに気付くかも。
    青春小説が大好きな自分は完全にハマりましたし
    作品が単純な恋愛モノにとどまらなかった点も良かったと思います。
    ラストはもう体が震えるほど感動しちゃいましたよ俺。
    卑怯だと思いましたよアレは・・・けれどやっぱり弱いんだ、こういうのに・・・!!


    あの一瞬のような日々を、
    ずっと大切にしたい恋を、
    ぬくもりを、風を、匂いを、命を、
    彼女と過ごした時間を、
    忘れないと誓ったぼくがいた。
    そして今―――――


    情熱的なのにどこか涼しげな、ノスタルジーいっぱいの青春小説です。
    読むなら全力でネタバレを回避することをオススメしますよ!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。