上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    どうも!火澄です!


    自己紹介にしても四者四様ですね~
    俺みたいに某プロフィールサイト仕様だったり、顔文字が出たり、色変えたり、文章引っ張ってきたり・・・。
    こういうのが共同ブログの醍醐味でもあると思うんですよね~!

    さっそくなんですが、このブログのメインである、本の紹介を・・・。


    舞面真面とお面の女
    舞面真面とお面の女/野崎まど

    この方が出した作品はこれで2作目なのですが、その人の行く「道」、つまり本に出てしまう特色・作風が分かった気がします

    「日常+少しのSF」

    まぁ、何で2作目から紹介したんだよって話ですが、1作目は自分のブログで紹介しちゃったんですよね~・・・。
    http://catnaper.exblog.jp/13562530/
    ここに記事を転載しちゃうと長くなってしまうのでリンクとんでください・・・。

    1作目の「[映]アムリタ」もそうなんですが「日常+少しのSF」が目立つ気がします。

    ネタバレしないようにがんばりますが、今回の作品でいうところの「妖気」
    前作は・・・・「洗脳?」これであっているか分かりませんが・・・。

    タイムスリップとか宇宙戦争とかそういうSFではなくて、なんかこう、うまくいえないんですが
    「これは現実にももしかしたらありえるのではないのか?」という感じなんです。
    某ドラマで言う「サイエンス(S)・フィクション (F)」でなくて「すこし(S)・不思議(F)」なんです。

    いや、「すごく(S)・不思議(F)」かな?

    主人公は男なんですが、読み始めたときはずっと女だと思ってました。

    お面の女の正体もラスト少し前で分かります。その正体についてどう思うかは、万人万色だと思います。
    ちなみに俺は「えぇ~?(マスオさんではない)」って感じでした。

    これ記事読んでくれている人がこの本読んで感想とかコメントくれるととうれしいな~

    「もうよんだぜ!」っていうんだって歓迎です^^

    こんな感じですかね?俺の感想の書き方です。

    今も読んでいる本があるんで読み終わったら更新します^^

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。