上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2011.07.31
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)
    (2011/03/18)
    渡 航

    商品詳細を見る

       ああ、知ってるよ。嘘つきは、俺とあいつらだけだから。

    今日はガガガ文庫から発売された「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」です。
    オビには話題作「僕は友達が少ない」の平坂読先生がコメントを寄せています。
    レーベルは違いますが、タイトルからひねくれて自虐を含んだ感じは似たものを感じます。
    では、感想などを。



    開始1ページ目にして色々論理的なことを述べては結論は「リア充爆発しろ」というひねくれたナイスレポートを提出してみせた主人公・八幡。
    青春をバカにする面倒くさい彼に業を煮やした生活指導の教師・平塚は奉仕活動を命じられるのですが・・・そのまま「奉仕部」というあやしいもの入部をさせられてしまいました。
    その奉仕部には学校でウワサの美少女もいたのですが・・・彼女の性格がまー悪い悪い。
    彼らだけではなく、その「奉仕部」にはぞくぞくと周囲からちょっとずつズレてしまった個性的なメンバーが集まりだして・・・思いがけず、ちょっとだけ、青春のような日々が始まるのでした。

    流行のテンプレ展開と言えば、そうなのかも知れません。
    主人公のキャラクターは面白いですが、ダメ人間たちが集まって「青春」にまつわる部活動をこなしていく流れとか、それほど長くはない小話をいくつも積み重ねていく進行とか、最近こういうのよく読みますなぁという感じで。
    革新的な作品であるかと聞かれれば、ちょっとは頷くことはできないかなと。
    でもそれが別に悪いわけではなく、まぁこうして取り上げてるわけでわりと結構、いや凄く気に入ってる作品です。うまーくこの作品なりの色を出してくれていると思います。
    パロディネタが豊富なのもよくわるかも知れませんが、自分は好きですね。
    先生が繰り出すだいぶ古いパロディネタが特に。

    それと文章のテンポが自分にとてもなじんでくれたようで、大変読みやすかったです。
    主人公がだいぶ変わったヤツなのに、そいつの一人称で進行する作品になっているので、もしかしたら肌に合わない人もいるかもしれません。
    しかし捻くれた主人公の1人称だからこその終盤も盛り上がりだったのかなとも思います。
    恋愛的な盛り上がりをピークにはせず、「反・青春を掲げるひねくれ物たちによる反撃」という動きを魅力的に魅せ、あくまでもその活躍を第1巻の最高潮とする構成がとても良かったです。この作品らしさをガツンを打ちだした終盤。
    もちろんラブコメ的なシーンもちらりほらり。そこも欠かしてないのも嬉しいですね。笑顔。
    恋愛要素はそれほど目立ちませんでしたが、芽吹いてはいるようで。期待!
    雪ノ下さんはトゲトゲしててかわいいですなあ。

    青春に憧れてるからこそ、紛い物みたいな生ぬるい青春に浸ることを善しとすることを許したくない。主人公の八幡はそんなことを無意識的にでも思っているのではないかなと。
    華々しくなくていい、他人に認められなくてもいい。自己満足で構わない。でもこれが俺の青春なんだよと、そう言いたいだけなのに上手く出来ず、蓄積されたモヤモヤも発散出来ない。そんな男子高校生に思えます。
    駄目なようで、捻くれているようで、歪んでいるようで、純粋さを失っていないからこその意地があって、それを必死に通そうとしているのが彼なのかも。それでもやっぱり面倒くさい男なんですけども! でもこの主人公にはすごくいいものを見せてもらった気がします。いい作品でしたね。

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。2 (ガガガ文庫)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。2 (ガガガ文庫)
    (2011/07/20)
    渡 航

    商品詳細を見る

    2巻も今月発売されました。まだ読めてないので楽しみです。
    スポンサーサイト

    お久しぶりです。火澄です!
    ぜんぜん更新できませんでした・・・

    ずっとラノベの「ダブルブリッド」を読んでいたんですが、時間が取れなくかなりゆっくりペース。

    さて今回読んだのは予約数43万部、増版25万部。印税は約1億と言われてる12月15日発売の小説
    「KAGEROU」




    3.jpg



    廃墟と化したデパートの屋上遊園地のフェンス。
    「かげろう」のような己の人生を閉じようとする、絶望を抱えた男。
    そこに突如現れた不気味に冷笑する黒服の男。
    命の十字路で二人は、ある契約を交わす。
    肉体と魂を分かつものとは何か? 人を人たらしめているものは何か?
    深い苦悩を抱え、主人公は終末の場所へと向かう。
    そこで、彼は一つの儚き「命」と出逢い、
    かつて抱いたことのない愛することの切なさを知る。



    よい言い方をすれば「デビュー作ですから」悪い言い方をすれば「これが大賞か」って感じです。

    すごく短い気がします。もっと長編のほうが作品の味がより一層出る気がします。
    斉藤智裕さんがこのスタイルを貫くのであれば、腕を上げた頃にすごいいい作品が生まれると思います。

    この作品についてはちょっとダンマリです^^;

    まなみです。




    推定少女/桜庭一樹
    http://www.amazon.co.jp/dp/4757719957/ref=mem_taf_books_s


    内容(「BOOK」データベースより)
    「あんまりがんばらずに、生きていきたいなぁ」巣篭カナは、そんな言葉を呟いてしまう15歳の少女。ある夜、家族とのトラブルから家出し、町のダストシュートで、とんでもないものを発見する。―それは、銃を握ったまま眠る全裸の少女だった!UFO出現と銃撃事件で大騒ぎの町を、眠りから覚めた少女“白雪”とカナは逃亡する。東京へ着いたふたりは火器戦士の千晴に出会い行動を共にするが、そこへ黒い謎の影が―!?新世代青春エンタテイメント登場。

    -------

    友達に貸したら、酷評されて返ってきたので、改めて自分も読んでみました(^^) 実はこれ最後に読んだの、六年前とかだったんで、もう一回読んでみたわけです。
    人の感じ方はそれぞれだってことがわかりました☆
    わたしはやっぱり『推定少女』大好きですね♪
    独特な文体も、少しぶっとんでるストーリーも。ぶっとんでる、というかそのぶっとんでる設定そのものではなくて、他のことを暗示しているような気がしないでもないんですが。

    主人公のカナは15歳。思春期の気持ちがたっぷりです! 大人はあの頃は悩みなんてなかった、と言うけど、それは忘れているだけで、本当は考えてばっかりで。なんだか懐かしい気分、でも始めてのものを見たような気がするのも確か。
    個人的には14歳とか15歳とか、そのくらいの年齢の時の思考って本当に素敵だなぁと思っていて、忘れないようにしようとはしてるんだけど、そうしてること自体が忘れちゃうことになるんだろうね。
    その時の心情が少し甦ります。オススメです。


    それと今『推定少女』は角川文庫からも出ています。てか、もうファミ通文庫のものはレアなんじゃないかな? レアってほどでもないか(^^)
    わたしが持ってるのは、ファミ通文庫版で少し自慢です♪

    こんばんわ~

    今日は芥川賞と直木賞が発表になりましたね~

    芥川賞に赤染晶子さんの『乙女の密告』、直木賞に中島京子さんの『小さいおうち』


    そんな今日は15日です!

    今回の課題図書は『インシテミル/米澤穂信』です!

    感想は来月15日より開始ですので楽しみにしていてください!
    2010.06.15 企画発足!!


    もうでちゃいましたが、企画発足です!

    企画というのは「4人が同じ本を読んで、感想を書いていく!」というものです!

    今回の作品は「潮騒/三島由紀夫」です!

    4人がいろんな感想を持ち、それは1人1人違うものとなると思います。

    だからこそ面白いのであって、このブログで本当に伝えたいことが伝わる企画だと思います。

    よろしくお願いします!

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。